毎日は”ぽこあぽこ”

IT企業で働くほんわか系プロジェクトマネージャがお送りする「毎日少しずつ」の改善ログ

カフェ・ヴェローチェでノンカフェインを楽しもう

一時期、ノンカフェイン生活に集中的に取り組んでから大好きになったメニューがあります。

 

 

コーヒーショップって当たり前ですけどコーヒーがメインメニューで、コーヒー以外のメニューが用意されていたとしても紅茶しかない。あるいはジュース類で「ああ、砂糖や果糖摂ってるな~」と思いながら飲むか。

カフェインレスな飲み物を求めても皆無・・・orz ってことになったりします。

それでもリーズナブルで、ゆっくり読書や手帳タイムを取れるコーヒーショップは大好き。

ホットミルクがあるお店ならホットミルクを頼んだり、紅茶ならまだマシかな、と頼んでみたり、試行錯誤してたんですけど、とあるお店のとあるメニューを見つけてからはこれ一択です。

 

それは、カフェ・ベローチェの「ルイボスミントティー」。

アフリカ原産の茶葉であるルイボスと、ミントのブレンドティーですね。

ルイボス単体のお茶の場合、独特のクセがあって私は最初飲みにくかったんですけど(もう慣れましたが)、ミントとブレンドするとすっきりとした味わいになり、すごく好みです。

ホットもアイスもあって、どっちもいけるお味。

 

最近はそこまで厳しくカフェイン制限していないので、コーヒーを普通に飲んじゃいますが、ベローチェに行く機会がある場合は基本的にルイボスミントティーです。

だって美味しいもの。

 

今回ブログで紹介するためにベローチェのメニュー表を見てて気が付きましたが、100%果実発酵のお酢「美酢(ミチョ)」を使った炭酸ドリンクも夏季限定メニューにあるんですね。

別記事で紹介したとおり、お酢って内臓脂肪を減らす効果があるんだとか。

www.mamikuro.jp

 

美酢のことも気になってたので、今度出かける機会があれば飲んでみよう!

夏のうちに行かないとなくなっちゃうな(^_^;)

 

 

chatnoir-company.com

 

 

ハイライトしまくり!即座に使える技が科学的根拠を持って学べる『When 完璧なタイミングを科学する』

昨日の記事で書いたとおり、今月は買いたかった本、気になった本をどんどん買って読んでます。

読書好きの夢 1ヶ月本を買いまくったらいくらになる? 思いつき編 - 毎日は”ぽこあぽこ”

 

この中で、ずーっとずーっと気になってた本をようやく読みました。

ダニエル・ピンク著 『When 完璧なタイミングを科学する』です。

 

どんな本?

著者のダニエル・ピンクさんは、アメリカの作家・文筆家。

「何をやるか」「どうやるか」ではなく、「いつやるか」に焦点を当てて、経済学、麻酔学、人類学、内分泌学、時間生物学、社会心理学などの分野の文献に多数調査した結果を紹介。

より良い仕事、生活、人生を送るにあたって役に立つ知見を整理して分かりやすく伝えてくれる本です。

翻訳書ってちょっと苦手意識があるのですが、ダニエルさんが読者に時折語りかけるように書いてくれているので、かなり読みやすかったし、ダニエルさんに親近感が湧きました。

本書の中にはちょっとした仕掛けがあって、この仕組みを面白いなと思いました。(それが何かは読んでのお楽しみ)

 

この本、周りに読んだ人も多く、TIPS的なところは断片的に知っていたのですが、やはり自分で一気に読むとまた違った発見がありました。 

 

「へぇ~」と思った箇所

「若い人は朝が苦手」は科学的に正しい

「老人は早寝早起き」「若者は夜更かしだし寝坊する人が多い」というイメージはありますが、一生を通じて朝型・夜型のタイプは年齢と共に変わっていくものなのだそう。

学校の始業時間を1時間遅くしただけで、学校全体の成績が上昇したというから、タイミングに対して無知ではいけないなと思ったし、子どもたちが遅寝遅起きだからといってむやみに責めても詮ないことだと腹落ちしました。

 

論理的判断は午前中に、ひらめきが必要なことは午後に

多くの人の生活リズムからいくと、論理的判断は午前中に行う方が成績が良く、ひらめきが必要な仕事は午後の方がよくできるらしい。

何でもかんでも午前中に行うのが良いと思っていたけれど、作業の内容によっては午後の方が効率的だということが分かってビックリ。

 

即採用!な技

 時間的ランドマーク

新年、誕生日、新学期・・・何かがスタートするタイミングは、やる気が起きやすい(皆さん経験ありますよね?)。

これを「時間的ランドマーク」と言うそう。

重病の祖父に宛てた手紙を書き、その手紙が処女作のきっかけとなったチリ人の小説家は、毎年その日を新しい作品を書き始める日にしているとのこと。

私も毎年Kindle本書きたいと思っているので、この技もらおうっと。

また、誰かに何かを依頼するメールは月曜日にしたいなぁと思いました。

 

中間地点からのブースト

中だるみも誰もが経験すること。

だけど、中間地点でちょっと負けていて、「おっとまずいぞ!」と思えると、すごい力が発揮できるそう。

試合のハーフタイム時点で優勢な方が大抵は最終的にも勝利を収めるものですが、「1点だけ負けてる」という状況に限り、劣勢な側の方が勝利確率が上がる。

仕事のプロジェクトでも一緒。中間地点で「おっと、まずいぞ」とメンバーやステークホルダーに意識させることができれば、大きな力を引き出すことができる。

 

総合的に大満足!

「いつやる?」は何となく意識してたし、部分的に実践しているものもあったけど、何となくやってて根拠がなかったことや、まだまだ実践していないことも発見できて総合的に大満足な本でした。

 

知的好奇心を満たす目的でも、実用書としても役に立つ一冊です。

是非読んでみてください!

 

 

読書好きの夢 1ヶ月本を買いまくったらいくらになる? 思いつき編

本、好きですか?

私は好きです。

小学生の頃は学校の図書室や市営の図書館に通いつめ、貸出カードに名前を残すのが趣味でした。

歩きながら読んでいて、電柱にぶつかるというマンガみたいなことも経験済み(笑)。

ありがたいことに、父は本であればいくらでも買ってくれましたので、読みたいと思った本はすべて読むことができました。

 

大人になってできた予算の壁

大人になって自分で本を買うようになると、どうしても予算の壁ができてしまいました。

Kindle Unlimitedという素晴らしい仕組みができてからは、

・原則、Unlimited対象本の中から読むものを決める

・どうしても読みたい本は、ほしいものリストに入れてしばらく寝かせる。1ヶ月後も欲しければ買う

というルール設定をしており、めったにUnlimited以外の本を買うことがなくなってました。

 

壁を突破したい!

しかし、このルール設定だと本当に読まなくなってしまう。

本って、読みたいと思ったタイミングが一番の読み時なのだと思います。

このタイミングを逃すと、必要性が薄れたり、興味がなくなってしまったりしていて、読んでも得るものが少ない・・・どころか、途中で読むのが苦痛になってくる。

 

世の仕事できるなー、とか、素敵だなーって思う方は読書家の方が多いです。

会話の中で自然に読んだ本のことが出てきたり、聞いてみると週に何冊も本を読んでたり。それもUnlimitedというよりは興味ある本を適宜入手してらっしゃる様子。

 

私もそんな風になりたい!と思ったときに、今一番ネックになっているのは「本にお金を遣いすぎないようにしなきゃ」っていう思い込みだと気づきました。

本を読むためには一定の時間がかかるわけですから、本を買いまくったからといって破産するほど遣うわけじゃないはず。

なら、一体天井はいくらなんだろう?

一度自分の天井を知れば、安心して本を買えるようになるかもしれない。

 

子ども時代のように好きに読む実験開始

そんな風に考えて、今月はUnlimited登録を解除し、予算を忘れて「あ、この本読みたいな」と思った瞬間にポチるということを実験的に行っています。

高いなーと思って見送ってた専門書も、楽しみのための小説も、手あたり次第、気になったらポチッと買って、読む。

飽きてきたら中断して、他の本を読んでみる。

半ば義務感で読む本を厳選して買うよりも、相当自由で楽しい時間です。

 

この実験は8月いっぱい行うつもり。

 

一体いくらになるのか?

何冊読めるのか?

私自身に何か変化はあるか?

 

こんなことをご報告できたらいいなと思ってます。

読んで良かった本もちょこちょこレビューしていきます。

 

お楽しみに!

ブログタイトルを変更しました&再スタートの決意

タイトル変更の経緯

お久しぶりです。まみくろです。

 

ここのところ、ずーっとずーっと記事を更新したいのにできない・・・でグルグル悩んでました。

 

原因は二つあります。

 

一つは、会社のお仕事でいっぱいいっぱいだったこと。

どんどんどんどんタスクが増えて、『激務を抜け出す3原則』に書いた「並行プロジェクトが5つで頭パンク!」に近い状態になってたため、仕事以外の活動に割く精神エネルギーがなくなってしまってました。

 

もう一つは、旧タイトルと書きたいことが乖離してきたってこと。

旧タイトルは「睡眠・食事・運動の改善実践ブログ」でした。このブログを立ち上げた当初は、それこそ睡眠も食事も運動も全部ダメダメで。その現状を何とか変えたいという意欲が高かったんです。

それがある程度自分なりの正解が見つかって、軌道に乗った今となっては書くネタを一生懸命に考えないとダメな状態。

 

今はそれよりも、

英語の勉強再開したよー とか

会計の勉強苦手だったけど、ちょっと分かってきたよ とか

テレワークのコミュニケーション、こんな風に工夫してみたよ とか

ITの勉強って、こんな風に考えればいいと思う

みたいなことをお話ししたい気分。

 

それがタイトルに引きずられて

「うーん、ちょっと主旨ズレするからまあいっか」

となり、書かないままの日々が続く・・・

 

これじゃいかん!ホントは思ったこと色々書きたいんだ!!

と、勢いに乗った本日、夏の雨のパラパラ音を聞きながらタイトル変更をしたのでした。

 

新タイトルの「ぽこあぽこ」の意味

新タイトルは『毎日は”ぽこあぽこ”』としました。

「ぽこあぽこ」(poco a poco)とはイタリア語で「少しずつ」という意味。

小さい頃にピアノを習っていたのですが、教本として渡された楽譜のタイトルになっていました。

 

 

ピアノの練習をすることは不器用な私にとっては苦行のようなものでしたが、この楽譜に書かれた「ぽこあぽこ」という可愛らしい響きが大好きで、この楽譜自体はとっても気に入ってました。

 

再スタートするぞ!

そんなわけで、睡眠や食事や運動のことに限らず、私が毎日「少しずつ」変えてみたり、考えてみたりしたことをおすそ分けする場所にしたいなぁという思いで再スタートを切ろうと思います。

 

まあ私のことですから、途中でまためげたりするかもしれませんが、それでもできることを少しずつ少しずつ、積み重ねていきます。

よろしければ時々のぞいてやってください。

運動は「パジャマもしくは普段着で」「0円で」やる

私の朝は、白湯を飲んだ後に5分だけヨガをすることから始まります。
最近はこの5分のヨガに加え、1分間のプランクを実行しています。
さらに仕事終わりに1万歩弱ほどウォーキングというのが日課になっています。

昔は「運動」と言われると気張ってやらないといけないものと思い込んでいて、
やれジムに通ってみたり、ピカピカのランニングシューズを買ってランニングを始めてみたりと
お金も時間も気力も使って、結局は続かないということが多かったです。

最近は、「パジャマもしくは普段着でできる」「0円でできる」という運動が最強だなぁと思うようになりました。
健康的な体型に近づき、健康を維持するだけなら、この程度で十分なんですね。
むしろ、「フツーにできる」からこそ一生続けられて、健康を維持できるんだと思います。

朝のヨガとプランクは、パジャマのままやってます。
近頃はもはやリビングにヨガマットを敷いてしまい、やろうと思えばいつでもヨガを開始できる状態です。
仕事終わりのウォーキングも、仕事着をパンツスタイルに限定しているため、仕事が終わったらそのままスニーカー履いて出かけるだけです。

ただ、最近の悩みは雨!
今年は例年より随分早く梅雨入りしてますよね。
雨の日はウォーキングをお休みすることが多かったんですが、梅雨時期にはそうも言ってられない。
バランスボールに乗ったりはしてるんですが、それもどうも不足な気がして・・・

6月に入ってしまう前に、何か工夫をしたいところです。

お酒の代わりにお酢ソーダでシャンパン気分☆

お酒、アカン

昔は酒豪と呼ばれるほどお酒を飲みに飲んでいた私ですが、このブログを書き始める前にほぼ飲まないようになっていました。
それなのに、最近、週末にノリで「ワインを1杯だけ」とやったところ、もーう全然ダメ。
ワイン1杯では済まず、結局ボトル1本を2人で飲み切ってしまいました。
お酒が入ると満腹中枢もぶっ壊れてしまいます。
買い置きのチーズやらナッツやら、お腹いっぱいだというのになんだか口寂しくて際限なく食べ続け、翌日は気分最悪という事態に。

 

ノンアルコールで健康的で、お酒気分を味わえる飲み物はないの?

ダイエットしてるというのに、こんなことじゃいけません。
健康にももちろんよくない。
適量を楽しめる理性のある人はいいのでしょうが、私のようなズボラで意志の弱い人間はノンアルで楽しむ道を探した方が近道。

ノンアルコール飲料も以前試したことはあるのですが、あんまり好きな味じゃない。
もちろん、以前に比べれば味は改良されたなー、と思うのですが、私にとっては甘すぎるしなぁ。
それに、350ml缶全部は必要ないこともあるので、量を自分で決められる方がいい。

最初に思いついたのは、炭酸水。
元々、炭酸水は好きだし、レモン汁を入れればレモンチューハイ的な感じで飲めるかなぁと考えました。

うーん、でもなぁ。
欲を言えば、もうちょっとお酒っぽい見た目がいいなぁ。
ついでに、健康的な感じの飲み物がいいなー。

そんなワガママな望みを思い浮かべながらスーパーをうろついてて突然ひらめきました。

 

フルーツ酢、いいじゃん!

そうだ、フルーツ酢!
炭酸で割ればシャンパン的にならない?

ミツカンから「フルーティス」というピンクグレープフルーツ味のリンゴ酢が出ているのを見かけて、即採用を決めました。

 

ちょっとおしゃれなグラスに氷を入れて、フルーティスを炭酸水で割ったものをオンライン飲み会のお供に。
「まみくろさん、何かオシャレなもん飲んでるねー」
ってツッコミが入り、アルコールでなくとも十分盛り上がれました。

 

更にごほうびが

フルーツ酢ソーダで飲み会した日、通常に比べればたくさん食べました。
アルコール摂取時に比べれば微々たるもんですが、やっぱり楽しいと食が進みますからね。

翌朝、多少は体重&体脂肪増加してるんだろうなーと思いながら体重計に乗りました。

結果は

・・・あれ?減ってる?

むしろ、なかなか減らなかった壁を突破してくれました。
内蔵脂肪レベルもなぜか0.5ダウン。


どういうこと?と思って調べてみると、実際、お酢は内蔵脂肪を減らす効果はあるみたい。

www.mizkan.co.jp

 

わー、願ってもない効果!
わざわざお酢を頑張って摂ろうと意識するのと違って、「お酒の代わり」と思って飲んでるのでものすごく楽しみながら飲めそうです。

 

 「砂糖も摂ってる」という意識は必要

ただし、今回買ってみたフルーティスの場合、砂糖は添加されてます。

原材料表示を見てみると、

りんご酢(国内製造)
グレープフルーツ果汁
果糖
砂糖
水あめ/香料
クエン酸
着色料(ぶどう果汁、紅花色素)
甘味料(スクラロース)

 とのこと。

飲みすぎには注意しないとなぁ。

 

フレーバー付きじゃない純粋なりんご酢は、りんごとアルコールのみで出来てるものもあるみたい。

ミツカンのりんご酢の原材料も、「りんご果汁、アルコール」しか記載がありませんでした。

次からはこちらへのシフトも考えてみようと思います。

 

食事メニューの固定化が最高すぎる

 

食事メニューを固定化してみた

本日は食事の話をしてみようと思います。

 

「2020年は最後のダイエット!」と息巻いて1年間過ごしてみたんですが、結果は-2kg・体脂肪率-2%というなんとも微妙な結果に終わりました。

で、今年、再チャレンジということで「一生続けられるスリムな私の習慣作り」をテーマに色々やってみています。

 

ここ最近気に入っているのが「平日の夕食は魚とおかゆだけ」というもの。

やってみたら痩せる!食事の準備も片づけも楽!

ってことで大ハマり。

更に朝と昼も固定メニューにしてみたところ、毎日が快適になりました。

 

具体的なメニュー

メニューはこんな感じです。

朝食①

  • バナナ
  • ホットミルク or カフェオレ or コーヒー(砂糖はなし)

 

朝食②

  • ゆで卵
  • 塩ゆで野菜(なるべく緑黄色野菜。余ってるやつ使用)

 

昼食

  • おかゆ or ごはん
  • 納豆
  • 塩ゆで野菜

 

間食

小皿に各1杯ずつ、朝のうちに用意して冷蔵庫にしまっておく。

小腹が空いた場合は、休憩時間中に1皿分食べてOK。

  • 無塩のミックスナッツ 15g
  • むき栗 3粒
  • チーズ 3粒
  • プルーン 1粒 
  • チョコ 3粒 ←シュガーフリー的にはよくないんだけど、この量ならOKにしてる

夕食

  • おかゆ
  • 焼き魚(アジ、サバ、イカ、貝類、ホッケ…など、日替わりで)
  • きゅうりのぬか漬け
  • しらす大根

 

夕食後のデザート

  • りんご 半分

 

意外と満足できます

いかがでしょう?

質素すぎてつまらなさそうですか?

お腹空いちゃいそうって思います?

 

それが意外とそうでもないんです。
毎食タンパク質を適量摂っているおかげか、腹6〜8分目くらいの満足感があります。
 『科学者たちが語る食欲』という本を読んですごく面白かったんですが、バッタなどの昆虫類から我々人間に至るまで、タンパク質の適正量というのがそれぞれ決まっていて、その量に達するまで食欲が出続けるんだそうです。
ポテトチップスは延々食べ続けられるけど、「肉だけ食べ続けて」と言われても延々とは食べられなくないですか?

「飽き」対策

そうはいっても365日この食生活だと飽きちゃいます。
なので、「週末は何でも好きなもの食べてOK」というルールもあります。

 

私はパンが大好きなので、土曜日の朝だけはバナナの代わりにバターを乗せたトーストを食べます。
焼き肉を食べてもいいし、ラーメンもOK。お酒も好きに飲んでよし(翌日辛くなっちゃうので、これはやめる方向ですが……)。
このルールのおかげで、週末のご飯がすごく楽しみになりました。

 

それで実際、効果は出てるの?

効果はバツグンでした!
3ヶ月くらい停滞していた体重と体脂肪率が、1週間で-1kg/-1%になってくれて、その後もアップダウンを繰り返しつつも低め安定&たまに減少を繰り返してくれています。
さらに、何年も変化のなかった内臓脂肪レベルも-0.5!嬉しい〜。

 

合う合わないはあるかもしれませんが、お金も手間も大してかかりませんので、一度やってみてはいかがでしょうか。