睡眠・食事・運動の改善実践ブログ

30代後半・夫と二人暮らしの会社員です。メチャクチャだった生活習慣を見直し中!

神社散歩のススメ

記事テーマは、突然ひらめきます。

思いついたときにタイトルだけ入力して、下書きに眠らせてるものがたくさんあります。

 

そろそろ記事を書かないとなー、と下書きをチェックしたところ、

「神社散歩のススメ」

が残っていることに気づきました。

 

おっと、これ、まだ書いてなかったかー。

 

というわけで、本日は神社散歩について書いてみたいと思います。

 

コロナの影響でテレワークが常態化した方も多くいらっしゃると思います。

私もその中のひとり。

2020年5月の緊急事態宣言発令時には週3日ほど、現在では週5日のテレワークスタイルとなりました。

 

電車通勤がなくなるのは嬉しいのですが、問題になるのが運動不足。

オフィス内で階段をよく使うように意識していたのもあって、オフィスに出社していた頃は普通に生活しているだけで平日は1万歩を達成できていました。

しかし、在宅勤務となったらそうはいきません。

自分の意思で歩かないことには、1万歩どころか1000歩だって難しいのです。

 

元々通勤時間で使っていた分を散歩に使おう!ということで、朝と夕方に散歩を始めました。

家の周囲を適当にグルグル歩くお散歩。

普段の通勤ではあまり歩かなかった路地などを歩いてみたり、気づかなかったお店に気づけたりと、最初のうちは楽しかったんですが、さすがに2週間もすると飽きてきます。

 

そこで思いついたのが、タイトルの「神社散歩」です。

近所の神社にお参りに行くというゴールを設定して、周辺をぶらぶら歩くというもの。

目的がひとつあるだけで随分と気分が変わります。

また、神社の境内周りの空気というのはやはり、特別な感じがしてとても気持ちいい。

一日の始まりに心静かに祈ると、「よし、やるぞ」と思えるものです。

 

宗教上の理由で鳥居をくぐれない、といったこともあるかと思いますが、その場合は自分なりのお気に入りスポットを見つけて通うのでもいいと思います。

例えば、海を見に行くとか、公園で深呼吸するとか。

近場のマイ・パワースポットをいくつか見つけておくと、楽しく運動不足解消できるかもしれません。

【お知らせ】Kindle本を出版しました! 2021/1/1 16:59まで無料です

ご無沙汰しております。まみくろです。

 

最近、ブログの更新頻度がものすごく落ちてたんですが、何をしていたかというと……

本を書いてました!

 

この「睡眠・食事・運動の改善実践ブログ」で書いてきた生活改善

プラス

お仕事の改善についての本です。

 

普段お仕事してても

慢性的な睡眠不足だったり、

健康診断の結果が悪くても「仕事が忙しい」と放置してたり、

残業は仕方ないと諦めてたり、

むしろ「私がやらなきゃ」と思い詰めてたり 

そんな、昔の私みたいな人が多いなぁと感じていて。

 

そんな人が一人でも減るといいなと思って書いてみました。

年末年始はお休みの方も多いでしょうし、

仕事から少し離れて自分を見つめ直してみてもらいたいなぁという思いを込めて

2020/12/28 17:00~2021/1/1 16:59

の期間は無料でダウンロードしていただけるようにしました。

 

よかったら読んでみて、ご自身のヒントにしていただけると嬉しいです。

執筆終わって落ち着いたので、ブログの方もボチボチ再開していきます!

 

 

簡単すぎる 栄養たっぷり1kgスープ

久々の投稿です。

 

常時テレワークになって、いかに楽して美味しく、栄養あるお昼ごはんを食べるか追求した結果、名付けて「1kgスープ」というものを作るようになりました。

とても気に入ってるので、皆さんにご紹介したいと思います。

 

1kgスープとは?

材料は何でもよし。総量が1kgになるように水で調整して作るスープです。

詳しい作り方は後でお話しますね。

 

1kgスープが生まれたきっかけ

ロジカルクッキングを提唱されている水島弘史シェフによると、「おいしいとは塩分が食材の総量の0.6〜0.8%」なんだそうです。

人間の体がそれぐらいの塩分濃度だから、という説明にとても納得しました。

その原理を使って、経済評論家の勝間和代さんはGoogle Homeへ「OK, Google 1485gの0.6%は?」などと話しかけて計算して料理しているそうです。

その様子を本やYouTubeで見て、「真似したい!!」と思いました。

 

しかし、私は細かい数字を扱うのが大の苦手。

Google Homeも持っておらず、スマホの計算機を使って計算していたものの、面倒で仕方がありませんでした。

 

それで、あるとき気づいたんです。

「重さの方を固定すれば、計算しなくていいんじゃない?」

と。

 

1kgスープの作り方

それでは、作り方をご紹介します。

 

【材料】(5食分くらい)
・肉または魚 100~200gくらい
・きのこ類 1/2~1パックくらい
・野菜 適当に1~3種類くらい
・水 適量(作り方参照)
・塩 5~8g(お好みで。我が家は濃いめ好きな家族のために7gにしてます)

 

【作り方】
①大きめの鍋を用意して、重さを量っておく
②材料を一口大に切って、鍋に入れる(野菜→きのこ→肉・魚の順がオススメ)
③材料を入れた鍋を量りに乗せて、鍋の重さプラス1kgの重さになるまで水を入れる
④5~8gの塩を加える(量りに0リセット機能があるなら、使うと簡単)
⑤時々かきまぜながら煮る

塩の量はお好みで5~8gの範囲で変えてください。人間は0.5~0.8%の塩味を美味しいと感じるそうです。

 

材料によって味が変わるから、一生飽きない!

塩だけでも、
牛肉×エリンギ×トマト とか
豚肉×えのき&エリンギ×小松菜 とか
材料によって全然味が違うので飽きません。
5食分くらいできるので、作り置きしてごはんと一緒にランチで食べてます。
夫もいるので2~3日で食べ切れます。

我が家はホットクックがあるので、⑤の手順はホットクックにお任せして更に楽チンです。

ホットクックの場合は自動の「ミートソース」コース(かき混ぜあり・30分)でいい感じに仕上がります。

 

ホットクックがあると切って入れて終わりなので最高に楽ですが、なくても十分作れます。

簡単に作れて簡単に食べられ、お腹も気持ちも満たされます。

是非お試しください(*^^*)

 

おまけ

私が参考にしたロジカルクッキング本はこちら。

ロジカルクッキングの原理をもっと知りたい!って方はチェックしてみてください。

計算は好きだけど料理は苦手……って方は、最高のシェフになれるかもしれませんよ。

 

 

生活環境は性格にも作用する?

ふと始めてしまったゲームにハマってしまって困ってます。

 

リンクはあえて記しませんが、刑務所の運営をするゲームです。

厨房を改良して美味しくて健康的な食事を提供したり、囚人が楽しく運動できる施設を作ったり。

そうすると囚人はストレスを溜めずに刑期を終え、更生して出所します。

更生すると、州からの補助金が出るという仕組み。

 

逆に劣悪な環境のままで放置していると、囚人はストレスを溜めて暴動を起こし、更生することなく別の刑務所に送られてしまいます。

 

ゲームの世界ではありますが、なんかそうかもなー、と妙に納得するところがあります。

 

暴動を起こすほどではありませんが、寝不足だとイライラしがち。不健康な食事ばかりだったり、運動不足だと気分が沈んでいきます。

 

実際、アイスランドでは開放型の快適な刑務所もあるんだとか。

https://courrier.jp/news/archives/123606/

 

世界中の富を集めて、全員が8時間睡眠、健康的な食事、適度な運動ができる環境を整えたら…すっごい社会が生まれるかも?

なんて、とりとめもなく夢想してしまいます。

 

そんな想像をしてみるのは楽しいのですが、ゲームにあんまり時間取られるのももったいないのでそろそろやめなければ。

エスカレーターに長蛇の列。あなたはどうする?

都内のオフィス街ど真ん中で仕事してるもんで、出社する日の駅構内はなかなかの混み具合です。

階段にすると100段ほどのエスカレーターには長蛇の列。

すぐ隣には2、3人しか通行していない階段があります。

 

そんなとき、あなたは階段を選びますか?少々待ってでもエスカレーターに乗りますか?

 

以前の私なら、迷わずエスカレーターでした。

とてもじゃないけど、階段を選ぶ気力も体力もない。

少しでも体力温存したいという気持ちでいっぱいでした。

 

今なら、さっさと階段に行きます。

待ってる時間がもったいないし、運動にもなります。

階段上ったところで、特に疲れが出るわけでもありません。

 

本来、この状態がノーマルなんですよね。

昔の私はどれだけ疲れてて不健康だったのかと。

 

もし、毎日の通勤通学で階段を使うという選択肢が思いつかないって方、この記事をお読みでしたら。

ぜひぜひ、睡眠・食事・運動、できそうなところから見直してみてください。

 

階段の方が混雑する未来が来ることを願ってます(いや、それも嫌だな笑)

 

 

「働き方改革」って、結局のところ小さいことの積み重ねなのかもしれない

ここのところ、自分の会社の「働き方改革」についてウンウン考えてます。

 

「働き方改革」にまつわるキーワードってたくさんありますよね。

・残業削減

・テレワーク

・フリーアドレス

・ワーケーション

・週休3日

・同一労働同一賃金

エトセトラエトセトラ。

 

なんだか一気に考えようとして訳が分からなくなっていたんですが、ふと「システム導入と同じかも?」と考えたら、自分の中でストンと腹落ちしました。

 

どういうことかっていうと。

システム導入って、予算とか期間とか使う人のリテラシーによって何がベターかが決まってくると思うんです。

システム慣れしてない人たちには高度な機能のものを渡しても使ってもらえないし。

予算のないとこに「何でもできますよ!」ってシステムは作れません。

 

良さそうに見えるもの全部取り組もうとするんじゃなくて、今、自分の組織で何が一番ボトルネックになってるのか。

注げるリソース(お金も人も)は何なのか。

 

できるところから一歩一歩見直していけばいいんじゃないかなぁ。

なんか、そんなふうに考えたら色々できる気がしてきました。

 

上に挙げたものの中だったら、
・残業削減
・フリーアドレス
あたりはコストゼロで取り組めそうなので、上司も説得しやすそう。

 

私の会社なら、テレワークは導入済みだから、それを更に広げるにはどうしたらいいかって議論はできそう。

そうやって積み上げていった先に、今よりもっと働きやすい環境が作れるんじゃないでしょうか。

 

あれこれ悩んで足踏みしてるくらいなら、一歩踏み出してみた方がいいですね。

そんな感じで声を上げていこうと思います。

スマートウォッチ、1年で壊れました…

今日は悲しいお知らせです。

1年ちょっと愛用していたスマートウォッチが壊れてしまいました…

 

壊れたといっても機能的には無事なのですが、バンド部分が劣化して、亀裂が入ってしまいました。

f:id:mamikuro:20200829111742j:plain

 

最初は外側だったので支障ないかと思っていたのですが、自分が使っている穴のところも亀裂が入ってしまったため、ちょうどのところで留めておくことができません。

 

替えのバンドがないタイプなので、買い替えが必要です。

バンドが1年ちょっとで切れてしまうというのは想定外でした。

まぁ、一日中つけてますし、多少の水濡れは気にせずガンガン使い倒してますので、当然の結果ではあります。

 

これから購入される方は、バンドの劣化のことも考慮するといいと思います。

壊れても惜しくない価格帯のものをお試しで買うか、バンド交換できるタイプにするといったことですね。

 

私の場合は前者の比較的安いものを使ってました。ですので、想定外とはいえそれほどショックはありませんでした。

他のものも試してみたい気持ちもあったので、ちょうどいい時期だったかも。

 

幸いにも、夫の使ってないスマートウォッチを貸してもらえることになったので、ありがたく使わせてもらいつつ、新しいスマートウォッチを物色してます。

 

新しいスマートウォッチに求めるものを整理しつつ、今後の記事で候補をご紹介していきます!