睡眠・食事・運動の改善実践ブログ

30代後半・夫と二人暮らしの会社員です。メチャクチャだった生活習慣を見直し中!

簡単すぎる 栄養たっぷり1kgスープ

久々の投稿です。

 

常時テレワークになって、いかに楽して美味しく、栄養あるお昼ごはんを食べるか追求した結果、名付けて「1kgスープ」というものを作るようになりました。

とても気に入ってるので、皆さんにご紹介したいと思います。

 

1kgスープとは?

材料は何でもよし。総量が1kgになるように水で調整して作るスープです。

詳しい作り方は後でお話しますね。

 

1kgスープが生まれたきっかけ

ロジカルクッキングを提唱されている水島弘史シェフによると、「おいしいとは塩分が食材の総量の0.6〜0.8%」なんだそうです。

人間の体がそれぐらいの塩分濃度だから、という説明にとても納得しました。

その原理を使って、経済評論家の勝間和代さんはGoogle Homeへ「OK, Google 1485gの0.6%は?」などと話しかけて計算して料理しているそうです。

その様子を本やYouTubeで見て、「真似したい!!」と思いました。

 

しかし、私は細かい数字を扱うのが大の苦手。

Google Homeも持っておらず、スマホの計算機を使って計算していたものの、面倒で仕方がありませんでした。

 

それで、あるとき気づいたんです。

「重さの方を固定すれば、計算しなくていいんじゃない?」

と。

 

1kgスープの作り方

それでは、作り方をご紹介します。

 

【材料】(5食分くらい)
・肉または魚 100~200gくらい
・きのこ類 1/2~1パックくらい
・野菜 適当に1~3種類くらい
・水 適量(作り方参照)
・塩 5~8g(お好みで。我が家は濃いめ好きな家族のために7gにしてます)

 

【作り方】
①大きめの鍋を用意して、重さを量っておく
②材料を一口大に切って、鍋に入れる(野菜→きのこ→肉・魚の順がオススメ)
③材料を入れた鍋を量りに乗せて、鍋の重さプラス1kgの重さになるまで水を入れる
④5~8gの塩を加える(量りに0リセット機能があるなら、使うと簡単)
⑤時々かきまぜながら煮る

塩の量はお好みで5~8gの範囲で変えてください。人間は0.5~0.8%の塩味を美味しいと感じるそうです。

 

材料によって味が変わるから、一生飽きない!

塩だけでも、
牛肉×エリンギ×トマト とか
豚肉×えのき&エリンギ×小松菜 とか
材料によって全然味が違うので飽きません。
5食分くらいできるので、作り置きしてごはんと一緒にランチで食べてます。
夫もいるので2~3日で食べ切れます。

我が家はホットクックがあるので、⑤の手順はホットクックにお任せして更に楽チンです。

ホットクックの場合は自動の「ミートソース」コース(かき混ぜあり・30分)でいい感じに仕上がります。

 

ホットクックがあると切って入れて終わりなので最高に楽ですが、なくても十分作れます。

簡単に作れて簡単に食べられ、お腹も気持ちも満たされます。

是非お試しください(*^^*)

 

おまけ

私が参考にしたロジカルクッキング本はこちら。

ロジカルクッキングの原理をもっと知りたい!って方はチェックしてみてください。

計算は好きだけど料理は苦手……って方は、最高のシェフになれるかもしれませんよ。

 

 

生活環境は性格にも作用する?

ふと始めてしまったゲームにハマってしまって困ってます。

 

リンクはあえて記しませんが、刑務所の運営をするゲームです。

厨房を改良して美味しくて健康的な食事を提供したり、囚人が楽しく運動できる施設を作ったり。

そうすると囚人はストレスを溜めずに刑期を終え、更生して出所します。

更生すると、州からの補助金が出るという仕組み。

 

逆に劣悪な環境のままで放置していると、囚人はストレスを溜めて暴動を起こし、更生することなく別の刑務所に送られてしまいます。

 

ゲームの世界ではありますが、なんかそうかもなー、と妙に納得するところがあります。

 

暴動を起こすほどではありませんが、寝不足だとイライラしがち。不健康な食事ばかりだったり、運動不足だと気分が沈んでいきます。

 

実際、アイスランドでは開放型の快適な刑務所もあるんだとか。

https://courrier.jp/news/archives/123606/

 

世界中の富を集めて、全員が8時間睡眠、健康的な食事、適度な運動ができる環境を整えたら…すっごい社会が生まれるかも?

なんて、とりとめもなく夢想してしまいます。

 

そんな想像をしてみるのは楽しいのですが、ゲームにあんまり時間取られるのももったいないのでそろそろやめなければ。

エスカレーターに長蛇の列。あなたはどうする?

都内のオフィス街ど真ん中で仕事してるもんで、出社する日の駅構内はなかなかの混み具合です。

階段にすると100段ほどのエスカレーターには長蛇の列。

すぐ隣には2、3人しか通行していない階段があります。

 

そんなとき、あなたは階段を選びますか?少々待ってでもエスカレーターに乗りますか?

 

以前の私なら、迷わずエスカレーターでした。

とてもじゃないけど、階段を選ぶ気力も体力もない。

少しでも体力温存したいという気持ちでいっぱいでした。

 

今なら、さっさと階段に行きます。

待ってる時間がもったいないし、運動にもなります。

階段上ったところで、特に疲れが出るわけでもありません。

 

本来、この状態がノーマルなんですよね。

昔の私はどれだけ疲れてて不健康だったのかと。

 

もし、毎日の通勤通学で階段を使うという選択肢が思いつかないって方、この記事をお読みでしたら。

ぜひぜひ、睡眠・食事・運動、できそうなところから見直してみてください。

 

階段の方が混雑する未来が来ることを願ってます(いや、それも嫌だな笑)

 

 

「働き方改革」って、結局のところ小さいことの積み重ねなのかもしれない

ここのところ、自分の会社の「働き方改革」についてウンウン考えてます。

 

「働き方改革」にまつわるキーワードってたくさんありますよね。

・残業削減

・テレワーク

・フリーアドレス

・ワーケーション

・週休3日

・同一労働同一賃金

エトセトラエトセトラ。

 

なんだか一気に考えようとして訳が分からなくなっていたんですが、ふと「システム導入と同じかも?」と考えたら、自分の中でストンと腹落ちしました。

 

どういうことかっていうと。

システム導入って、予算とか期間とか使う人のリテラシーによって何がベターかが決まってくると思うんです。

システム慣れしてない人たちには高度な機能のものを渡しても使ってもらえないし。

予算のないとこに「何でもできますよ!」ってシステムは作れません。

 

良さそうに見えるもの全部取り組もうとするんじゃなくて、今、自分の組織で何が一番ボトルネックになってるのか。

注げるリソース(お金も人も)は何なのか。

 

できるところから一歩一歩見直していけばいいんじゃないかなぁ。

なんか、そんなふうに考えたら色々できる気がしてきました。

 

上に挙げたものの中だったら、
・残業削減
・フリーアドレス
あたりはコストゼロで取り組めそうなので、上司も説得しやすそう。

 

私の会社なら、テレワークは導入済みだから、それを更に広げるにはどうしたらいいかって議論はできそう。

そうやって積み上げていった先に、今よりもっと働きやすい環境が作れるんじゃないでしょうか。

 

あれこれ悩んで足踏みしてるくらいなら、一歩踏み出してみた方がいいですね。

そんな感じで声を上げていこうと思います。

スマートウォッチ、1年で壊れました…

今日は悲しいお知らせです。

1年ちょっと愛用していたスマートウォッチが壊れてしまいました…

 

壊れたといっても機能的には無事なのですが、バンド部分が劣化して、亀裂が入ってしまいました。

f:id:mamikuro:20200829111742j:plain

 

最初は外側だったので支障ないかと思っていたのですが、自分が使っている穴のところも亀裂が入ってしまったため、ちょうどのところで留めておくことができません。

 

替えのバンドがないタイプなので、買い替えが必要です。

バンドが1年ちょっとで切れてしまうというのは想定外でした。

まぁ、一日中つけてますし、多少の水濡れは気にせずガンガン使い倒してますので、当然の結果ではあります。

 

これから購入される方は、バンドの劣化のことも考慮するといいと思います。

壊れても惜しくない価格帯のものをお試しで買うか、バンド交換できるタイプにするといったことですね。

 

私の場合は前者の比較的安いものを使ってました。ですので、想定外とはいえそれほどショックはありませんでした。

他のものも試してみたい気持ちもあったので、ちょうどいい時期だったかも。

 

幸いにも、夫の使ってないスマートウォッチを貸してもらえることになったので、ありがたく使わせてもらいつつ、新しいスマートウォッチを物色してます。

 

新しいスマートウォッチに求めるものを整理しつつ、今後の記事で候補をご紹介していきます!

 

ポモドーロタイマーで過集中防止

最近、お仕事が超忙しいです。

4つくらい役割をかけ持ちしてるから、打合せの予定で週の半分くらい埋まっちゃう。

うち1個はコロコロと状況が変わるから、どんどん優先順位つけて処理していかないと追いつかない。

全部、やりたくてやってる、好きな仕事だからいいんですけどね。

 

そういう仕事をやってると、どうも過集中で疲れすぎちゃうという問題が出てきました。

 

基本的に、仕事がひと段落する度にお茶を飲んだり散歩に出かけたりと、リフレッシュする習慣があったんですが、仕事の切れ間がなくなって、次から次へと集中してやってると、いつの間にか2時間も3時間も机に座りっぱなしってことに。

 

このままじゃマズいなってことで、こんなアプリを入れてみました。

play.google.com

 

ポモドーロというのはイタリア語でトマトという意味。

ひとつのタスクを決めて、キッチンタイマーで25分を計り、タイマーが鳴るまでの間は決めたタスクだけをやるというもの。

25分経過後は、5分の休憩をはさみます。

この25分と5分休憩をセットで「1ポモドーロ」と数える時間管理テクニックです。

この方法を考案したシリロさんという人のキッチンタイマーがトマト型だったことから名づけられたんだそう。

 

このアプリの機能はシンプル。

①タスクを登録しておく

②登録したタスクをひとつだけ選ぶ

③25分経過後、アラームが鳴る

④ボタンを押すと、5分休憩のカウントダウンスタート

⑤5分経過後、アラームが鳴る

⑥タスクが終わったら、ワンタップでタスクを消せる

 

25分のタイマーが鳴ったら仕事途中でも手を止めて休憩する。

25分間は決めたタスクに集中する。

 

これを心がけてると、あまり疲れなくなります。

 

在宅勤務中はこれでかなり過集中防止になってますし、逆に意識がそれて集中できないってこともなくなりました。

 

次なる問題は出社時。

人に話しかけられたり急な打ち合わせが頻繁に入ると、うまく時間コントロールできません。

出社時の時間コントロールももうちょっと工夫していきたいです。

お通じって、苦労しなくてもあるのが普通なのね

今回は下の話になってしまいます。

お食事前の方はスルーしてくださいませ。

 

小学生の頃から、ガンコな便秘に悩まされ…というか、便秘状態が当たり前で、悩んですらいませんでした。

 

ふと気づけばここのところ、便通がとても良いです。

定期的に便意をもよおしますし、トイレに入ってほとんどいきむことなく、スルリと出てきます。

色つやも形もよく、「ああ、私、体の中まで元気なんだ」と実感します。

(書いててちょっと恥ずかしいけど、本当にそう思います)

 

このように体の中が元気になったのは、明らかに

・たっぷり睡眠

・シュガーフリー

・朝晩のストレッチや筋トレ

・なるべく1日1万歩

を心がけてるおかげです。

 

逆に言うと、今まで何十年も間違った生活をし続けてきた証拠ですね。

 

本来、スルリと便通がある方が普通なんですね。

 

今後一生、この状態を「当たり前」として生きていけるよう、工夫し続けようと思います。